年に一回は心臓ドックへ|人間の最重要臓器

男性

腎臓病の円滑な治療

病院

腎臓は体内の老廃物の代謝に大きく関与する臓器です。腎臓病などの疾患でこの臓器がダメージを受けると、特にアンモニアが体内に蓄積し、悪影響を及ぼします。進行した腎臓病には、血液を人工的に浄化する透析治療が必要です。透析治療は設備が整った医療機関で定期的に行う必要があります。特に老人の場合は家族などの付き添いが難しい場合、送迎サービスを積極的に活用するようにしましょう。自費負担と思われがちな透析の送迎サービスですが、病状によっては介護保険の対象になります。費用の負担が大きいと、透析治療の継続が難しくなり、病状の悪化にもつながります。使える制度をしっかりと活用し、スムーズに治療が進むような工夫が必要です。

透析が必要な程度まで腎臓病が進行した場合、他の合併症を起こしているケースもよくあります。複数の病気の治療が必要な場合、送迎サービスの保険適用を含めた様々な制度の利用を検討しましょう。医療に関する福祉制度のひとつに障害年金が挙げられます。高齢者が受給するイメージのある年金ですが、障害年金の年齢条件は20歳以上であることのみです。病状や納付状況の条件を満たしていれば障害年金が受けられる可能性が高まります。透析や送迎サービス、合併症の治療にももちろん障害年金が利用できます。重要なのが、多くの福祉制度が公的機関から利用を促されることがないという点です。患者やその家族が情報収集をしっかりとして、受けられる制度を見落とさないように注意が必要です。